18歳から受けられる起業サポートの有無についてもわかる起業支援サイト

18歳からでも起業サポートを受けられるのか

未成年者が起業で失敗しないために注意すべき点

起業は主に成人が行う事を想定されており、一般的には18歳が最低ラインで、18歳以上成人未満でも18歳未満でも保護者の同意が必要でしたが、2022年以降は成人年齢の引き下げによって20歳から18歳に成人年齢が変わったため、18歳からの起業が容易になりました。

起業における年齢と成人年齢の引き下げ

税務署に開業届を提出するだけで起業できてしまうことから、起業は一般的なイメージに反して簡単にできてしまうだけでなく、保護者の同意さえあれば、2022年以降、成人年齢の引き下げによって成人年齢となった18歳どころか、小学生や中学生でも起業できてしまうため、起業するだけであれば難しくはありません。

保護者の同意を得られれば小中学生でも起業できることは間違いありませんが、起業自体は出来たとしても起業に成功できるかは話が別で、起業する以上、経営に成功できなければ失敗することは年齢に関係なく共通の事柄であるため、未成年の子どもが起業を望んだからといって、ただ子どもが望むままに起業に同意してしまっては、事業に失敗してしまいかねず、いくら子どものためとはいえ、よほど金銭的に余裕がない限り、失敗を前提とした起業など不可能でしょう。

極一部の天才児のような例外を除けば、未成年の子どもが起業する場合、子どもに期待できるのは商品やサービスのアイディア、ビジネスターゲットの選定に限られ、資金調達や事業経営、事務処理能力を求めることは酷であると言わざるを得ず、子どもの起業を成功させるには、保護者が会計の基礎的な部分やマーケティングなどの知識を学んでおくことが最低限求められます。

これは、例え子どもの起業に際し、あらかじめ事業規模を最小限に留めたとしても避けようのないことであり、保護者の方には相当の負担がかかりますので、未成年のお子さんの特許を守りたいなどの特別なケースを除き、保護者の方は未成年者の起業への同意には慎重を期すべきです。

日本政策金融公庫で受けられる18歳からの起業サポート

日本政策金融公庫は新規に起業する新規事業者や新規事業を立ち上げる事業者に加え、中小企業や個人事業主などの事業者に事業継続のための資金サポートを行うなど、起業のためのサポートを積極的に行っており、新規開業資金や新創業融資、女性、若者/シニア起業家支援資金であれば18歳からでも受けられるかも知れません。

日本政策金融公庫が提供する起業サポートの一部

日本政策金融公庫では、新規開業資金や新創業融資といった全年齢向けの起業サポートが提供されている他、女性、若者/シニア起業家支援資金のように性別や年齢層を制限した起業サポートも提供されており、事業者数が少ない女性や起業する事業者が少ない若年層とシニア層の男性への起業サポートも提供されています。