18歳から受けられる起業サポートの有無についてもわかる起業支援サイト

18歳からでも起業サポートを受けられるのか

未成年者が起業で失敗しないために注意すべき点

起業に年齢は関係あるのか

起業は新規に事業を始めることを意味し、手続き等に難しい印象や複雑な印象を抱かれる方が多いかも知れませんが、ただ単に起業するだけであれば、さほど難しくも難解でもなく、税務署に開業届を提出するだけで起業すること自体は出来てしまいます。

よって、起業後の成功ないし失敗を度外視して考えれば、起業そのものは比較的容易であり、開業届を含む必要書類を事前に調べ、正確に作成できるのなら、極論、小学生や中学生でも開業届をはじめとした必要書類を用意することは不可能ではないでしょう。

もっとも、起業は基本的に成人が行う事を想定されたもので、一般的な最低ラインは18歳とされ、18歳以上成人未満でも18歳未満でも保護者の同意が必要とされました。

成人年齢の引き下げに伴う影響

2022年、日本における成人年齢が引き下げられた結果、日本での成人年齢は20歳から18歳に変わったわけですが、成人年齢の引き下げによってどのような変化が生じたのかというと、18歳で契約に保護者の同意が必要なくなり、国家資格や長期のパスポートの取得などが18歳からできるようになるなど、養子縁組や飲酒喫煙、ギャンブルを除き、18歳で以前までの成人年齢である20歳までできなかったことができるようになりました。

成人年齢の引き下げの影響として特に大きいものが、18歳で契約に保護者の同意が必要なくなることであり、契約に保護者の同意が不要となることで、以前は18歳までだった、未成年による保護者の未承認契約を取り消し可能な未成年者取消権が17歳で失われるため、18歳の成人にとっては、以前よりも契約のリスクが増してしまったのです。


この記事をシェアする