18歳から受けられる起業サポートの有無についてもわかる起業支援サイト

18歳からでも起業サポートを受けられるのか

日本政策金融公庫で受けられる18歳からの起業サポート

日本政策金融公庫は起業の強い味方

義務教育が事業者の育成に向いていない上、預貯金を好む国民性的に、日本は起業に向いた人材が育ちやすい風土であるとはお世辞にも言えず、諸外国と比較すると起業を試みる人材が格段に少なく、新規事業者の起業後10年の成功率も1割程度に留まるなど、日本は新規事業者や新規事業が育ちにくいと言わざるを得ません。

そのため日本においては、起業件数と起業の成功率を高めることが必要であるとの判断から、様々な形で起業を支援することが試みられており、起業支援を目的としたサポートを行う公的金融機関の一つが日本政策金融公庫で、日本政策金融公庫では新規に起業する新規事業者や新規事業を立ち上げる事業者への資金面からの起業サポートを行っている他、中小企業や個人事業主向けに事業継続のための資金サポートも行っています。

18歳から受けられる起業サポート

保護者が資産家であったり、肉親から巨額の遺産相続を受けたりしていないのであれば、18歳時点で起業に十分な資金を用意できるケースは極々稀で、どんなに将来性がありそうな事業計画が立てられても、資金が足りなければ起業できないため、アルバイトなどで稼いだとしても、年数的に限界のある18歳段階において、起業における最大の障害となるのは資金調達です。

当然、起業サポートとして提供されるサポートも、起業における最大のネックが資金調達であることは念頭に置かれ、起業サポートの大半は資金面のサポートであり、日本政策金融公庫による新規開業資金や新創業融資、女性、若者/シニア起業家支援資金などの起業サポートなら、所得面の不安から社会的な信用が低い18歳からでも受けられる可能性があるでしょう。


この記事をシェアする